FC2ブログ
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:戦国城下町 の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

戦国城下町

 【01//2011】

戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
古来より、数え切れぬほどの人々が、今を生き延びられるかどうかという瀬戸際で、
悩み苦しみ、戦い続けてきた。
表紙
何を得るがため、彼らは戦い続けてきたのだろうか。
「地位」「名誉」「金」

太閤にまで登りつめた豊臣秀吉は、最後にこんな言葉を残している。
「露とおち 露と消えにし わが身かな なにわのことは 夢の又夢」
露のようにこの世に生まれ落ち、そして露のようにはかなく消えていってしまったこの身であることよ。
大坂で過ごした栄華の日々は、何もかも夢の中の夢のように儚いものであった。

軍神と謳われた上杉謙信は、
「四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒」
四十九年の我が人生も一睡の夢のようなもので、この世の栄華も一杯の酒のようなものであった。

美濃の蝮と恐れられた斎藤道三は、
「捨ててだに この世のほかは なき物を いづくかつひの すみかなりけむ」
この世で得られた全ての物を捨ててしまって、残った物はこの命だけである。
私の最期の地とはいったい何処になるだろうか。

彼らは、自分の死と直面するにあたり、何を思い、何を考えたのだろうか。
彼らにとって「戦い」とは、「生きがい」であり、「人生の目的」であったのかもしれない。



戦国Check✓
天文記
1532年から1555年までの24年間を指すこの時期に、
戦国期の英雄が尾張国に誕生する。
弘治記
1555年から1557年までの3年間を指すこの時期に、
戦国乱世を太平の世へ導いた三英傑が歴史の表舞台に登場する。
永禄記
1558年から1570年までの12年間を指すこの時期に、
織田信長が天下布武を掲げ、覇道の道を進む事になる。




長い歴史の一瞬を生きているに過ぎない我々が先人たちから学ぶべき事とは一体何なのか。
歴史を振り返ることで、今、自分が抱える問題を違った視点から見つめなおす事ができれば、
時代の渦の中で、どのように生きればいいかが見えてくるのかもしれない。
クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m




戦国城(せんごくじょう)
戦国家第八代当主 戦国上総介虎太郎が英傑湖東岸の戦国山に築城。
戦国城下は交通の要衝であり、政治・経済・軍事・文化の中心都市として繁栄した。

戦国城下町
書物問屋
独断と偏見で選んだ戦国時代を楽しむ書籍を紹介する問屋。
地本問屋
戦国書籍を扱う書物問屋に対し、娯楽的なCD、DVD等を扱う問屋。
小間物屋
日常用にいるこまごましたものや、文具等を扱う雑貨屋。
遊戯屋
オンラインゲームやTVゲームなどを扱っている問屋。
玩具屋
生活の中で受け継がれてきた伝承文化を伝える問屋。
四目屋
日本最古のアダルトショップ。
鍛冶屋
甲冑、刀剣、シルバーなどを扱っている問屋。
米屋
食料品を扱う問屋。
呉服屋
国内品だけでなく、舶来品まで扱う染織問屋。
大工・材木屋
多数の建築材料・道具等を扱う問屋。
薬房
東洋医学、西洋医学に精通する医療問屋。「医聖」と称された
総屋
総合的に商品を扱う百貨店。関ヶ原の合戦前には東西の多くの大名家が訪れたという。
易屋
人の心の内や、運勢や未来などを鑑定する屋敷。多くの戦国軍師を輩出している。
寺子屋
読書算や実務上の知識・技能を教育した教育施設。多くの幕末の志士たちが学んだという。
愛玩鳥獣屋
珍獣も多数取り揃えたペットショップ。
仏具屋
創業九百年の歴史をもつ最古の仏具屋。
口入屋
武家などに奉公人等を紹介する人材斡旋業。俗に言うハローワーク。
稽古場
技術習得を目的として通う者や、自己鍛錬を目的として通う者を指導する施設。
旅籠屋
旅人を宿泊させ、食事を提供することを業とする舘。
藤岡屋
情報を有料で売買するなど、情報屋の元祖とも言われる「闇業者」。


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村





Category: 戦国城下町

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

センゴク 天正記

 【11//2014】

センゴク 天正記


センゴク天正記-1
時は戦国時代
稲葉山城の戦いで美濃斎藤家の家臣だった仙石権兵衛秀久は、
織田信長に捕らえられ、その部下として織田家中に迎え入れられた。
合戦に明け暮れる過酷な日々の中で権兵衛は、織田信長・羽柴秀吉ら
戦国時代の英傑たちの下で失敗と挽回を繰り返しながら成長してゆく。

センゴク天正記
第二部
小谷城攻略の功績により大名に取り立てられた羽柴藤吉郎秀吉と共に
仙石権兵衛秀久も一千石の領地を預かる領主となり、家臣団を組織する立場となった。
一指揮官としての成長を迫られながら、未だ続く信長包囲網を戦い抜く。

天正二年(1574年)
長島一向一揆から
長篠の戦い
雑賀攻め
手取川の戦い
中国攻め
天正十年(1582年)
甲州征伐による武田家滅亡までが描かれる。全15巻。




センゴク武将列伝
桶狭間、姉川、長篠の合戦を経て覇者へと駆け上る織田信長に仕え、あるいは敵対した戦国武将たち八十余名。
下剋上の世、運命の分水嶺となったのは何か。
信長の生涯を三つに分け、そのときの信長の視点で、彼ら武将たちの正体に迫る。
宮下英樹のイラストが興趣を増すセンゴク武将列伝の決定版
センゴク合戦読本
信長以外に覇権を握る可能性のあった者は誰か。
秀吉と他の武将との決定的な違いは女性の好み!?
一乗谷の要塞都市の完成度は。
乱世を生きた女たちはどこが違う。
戦国大名が常勝を宿命づけられた社会構造とは。
歴史コミック『センゴク』とのコラボから生まれた、戦国を知る論客たちが通説を覆していく論考集。



センゴク外伝-桶狭間戦記
センゴク
センゴク 天正記
センゴク 一統記



クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 戦国城下町

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。