FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:米屋 の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

国産ほうとうセット

 【18//2012】

クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m

歴史 ブログランキングへ


国産ほうとうセット(ほうとう・味噌・具材が入ったセット)
美食サークル

山梨・甲州名物!戦国ほうとう

ほうとうは、戦国時代に簡単で栄養のバランスが優れた野戦食として、武田信玄の軍用食として利用されました。
ほうとうが食されていた分布図には、現在の山梨県をはじめ長野、埼玉、群馬、東京、神奈川などが記されていますが、これは武田信玄が兵を動かした地域と一致していると言われています。

今日、「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう。」と言われるように、かぼちゃや、旬の野菜(じゃがいも、大根、ねぎ、人参、白菜)等をたくさん入れ、みそ仕立ての汁でじっくり煮込んだ滋養たっぷりなヘルシー料理として甲州地方では、好んで食べられています。


商品内容:(ほうとう300g、みそ100g、具材160g)×3
賞味期限:90日
配送方法:佐川急便
同梱について:他の商品との同梱はできません。
他の商品をご注文の場合は、カートを分けてご注文下さい。

熨斗・納品書・領収書について:ご注文確定後に【ご注文番号・お名前】をご明記の上、b-amazon@gift-nishikido.co.jpまでご連絡下さい。

◆お熨斗:≪御歳暮・内祝・無地のし(名入れなし)≫は「ギフト設定」からご選択下さい。
それ以外のお熨斗をご希望の場合は、【お熨斗の種類(寿など)と水引き種別(蝶々結び/結び切り)・お名入れ】をメールにてご連絡下さい。

◆領収書:【領収書の宛名】をメールにてご連絡下さい。
※納品書・領収書はご希望のお客様へのみ、郵送送付とさせていただいております。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

Category: 米屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

清洲城信長 土田南瓜カレー

 【23//2012】

クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m

歴史 ブログランキングへ

ネット企業を応援します。
infotop
FXで月収30万
「ボリバンの達人」
瞬間稼働システム
月額無料 IP分散被リンク

清洲城信長 土田南瓜カレー
愛知県のご当地カレー 有限会社素材屋(販売者)

愛知県の三大かぼちゃ
清須市特産「土田かぼちゃ」を使用

《実食レポート》かつて織田信長の本拠地だった清州城がシンボルの清須市。
そんな同市が地域の名物にと、特産野菜「土田かぼちゃ」を使用し、開発した一品です。
見た目は普通のカレーですが、一口食べてみるとビックリ! 
ルーに溶け込んだかぼちゃの甘みがとてもコク深く、まろやかな味わいを生み出しています。
そこにしっかりと利いてくるスパイスが繊細な大人の美味しさを演出! 
ヤミツキになりそうですね。
かぼちゃ自体はじっくり煮込まれているので、ほとんどがルーに溶け込んでいますが、ルーのとろみ全体から感じるかぼちゃの存在感こそ、モッチリとした食感が特徴の「土田かぼちゃ」の成せるワザ。
この感覚は、他のカレーでは決して味わえません。
清須名物「土田南瓜カレー」ご賞味あれ!


月々105円からオンラインショップ!
本当にほしかったのはこういうブログだったんだ
PC・スマートフォンからお小遣いが稼げる
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

Category: 米屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

米屋

 【24//2012】

米屋

武士の食文化

清洲城信長 土田南瓜カレー
国産ほうとうセット
讃岐うどん「つるわ」コシの強さとのど越しをご堪能下さい
さぬきのもう一つの隠れた名物 「さぬき骨付鶏」
無農薬で美味しい北海道のアイガモ農法米
旨味えびせんお試しセット
濃厚なのにピュアな味♪天使が恋したチーズケーキ
TV 1分間の深イイ話で紹介された抹茶スイーツ 「茶の環」
究極のお茶漬けを作りませんか?
幻の三河一色うなぎ
最高級 紀州南高梅
日本の銘酒が勢ぞろい!!
モンドセレクション金賞受賞!「魔界への誘い」
おいしい天然水.com
お取り寄せグルメランキング
講談社「おとなの週末」が認めた行列のできるラーメン店
できたてポテトチップ
峰松酒造場肥前屋




クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 米屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

武士の食文化

 【03//2012】

武士の食文化
一日二食、玄米食が基本
武士の主食は玄米で、朝飯、夕飯に二合五勺食する。
白米ではなく、赤米(大唐米)や黒米であった。
赤米や黒米は、奈良時代から戦国時代にかけて主食とされた米で、
「そのままではとても食べられない」といわれるほど味に難点がある。
また文献上でも、「殆んど下咽に堪へず。蓋し稲米の最悪の者なり」などと記述されている。
我々が日々食している白米は、公家や大名などの口にしか入らない超高級品であり、
中・下級武士の食卓に登場するようなことは無かった。
しかし百姓などは、その赤米、黒米すらめったに食べることはできなかった。

伊達政宗の食事の心構え
仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎれば諂(へつらい)いとなる。
智に過ぎれば嘘をつく。信に過ぎれば損をする。
気ながく心穏やかにしてよろず倹約を用い金を備うべし。倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。
この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事はうまからずとも誉めて食うべし。
元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。

今日の行くをおくり、子孫兄弟によく挨拶して、娑婆の御暇(いとま)申するがよし。
「伊達政宗五常訓」

「毎日食べる食事は、粗末であっても、おいしくなくても、感謝の気持ちを持って、
ありがたくいただくべきである。
この世にお客さんとして来ているのだから、そもそも文句など言えるはずがない。」
伊達政宗が遺訓として遺している言葉である。

伊達 政宗(だて まさむね)
出羽国と陸奥国の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。
伊達氏第16代当主・伊達輝宗と最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の嫡男。
幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。




堺一文字光秀
時代に応じて鉄器、刀剣、鉄砲、包丁をつくり続けた堺。
その精髄を世に送り出し料理文化の一翼を支える鉄鍛治。



将軍本膳
個装サイズ:64×53×30.5cm
素材・材質:ABS樹脂仕様
食器洗浄器:使用不可
製造国:日本
本膳とは、本膳料理の事。
日本料理の正式の膳立てで、普通は「一の膳」から「三の膳」まである。
正式なマナーとしては、
○和え物と煮物に続けて箸をつけない。
○菜と汁をいっしょに食べない。
○迷い箸をしない。
○おかわりの時は飯碗を受け取ったら、必ず一度膳に置く。



クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 米屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。