FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:藤岡屋 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

藤岡屋

 【24//2012】

藤岡屋
藤岡屋日記(ふじおかやにっき)は、江戸時代末期の江戸を中心とした事件や噂などを
須藤(藤岡屋)由蔵が詳細に記録した日記を編年でまとめたもの。
町触や幕政の記録、火災・飢饉などの被害状況、出開帳・芝居・見せ物などの評判、町民の噂、
錦絵・瓦版などの出版物やその統制、殺人・強盗・喧嘩などの事件、さらには幕末期の軍事行動にいたるまで、江戸住民から集めた情報を詳細に記録しており、同時代を研究する上での貴重な史料となっている。
藤岡屋由蔵はこれらの情報を有料で売買しており、情報屋の元祖とも言われる。

あらゆるゲームが作れるソフト Multi Media Fusion2
超探偵マニュアル
月々105円から!
今月の最安ADSLプロバイダを探せ!
リンクシェア・ジャパン
楽天オークション
本当にほしかったのはこういうブログだったんだ
PC・スマートフォンからお小遣い
ドメイン取るならお名前.com


クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 藤岡屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

怨み屋本舗

 【25//2012】

怨み屋本舗(うらみやほんぽ)
怨みをもつ人間に代わり、依頼を受けて金銭と引き換えに復讐を代行する者。
基本的に怨み屋は「あなたの怨み晴らします。社会的抹殺・人探し・実質的殺害(価格応談)」と書かれた名刺を、予めリサーチした依頼人となりそうな怨みを持つ者へ送り、事前に依頼人の身辺調査を行う。
連絡を受けると、直接依頼者と会い、復讐の動機、何をして欲しいか、そしてそれに応じた金銭の要求を行う。
依頼人が依頼料が払えない場合は、怨み屋が指示する「別の方法」で金を作らせ、その金で報酬として支払わせる。



怨み屋本舗 REBOOT


怨み屋本舗 REVENGE


怨み屋本舗DVD



クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 藤岡屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

なぜ今さら、ブログでアフィリエイトなのか?

 【14//2012】

なぜ今さら、ブログでアフィリエイトなのか?

TwitterFacebookといったソーシャルメディアが爆発的に普及してきている時代に、何故今さらブログなのか?

ソーシャルメディアを利用していると、自然とそのツールが規定する形式に合わせて書いてしまうものですが、ブログは自由にログを書き、いつまでも消えないように保存して、また、いつでも見ることがでいます。
自分のすべてを表現し、記録できる、ソーシャルメディアに対する「俺メディア」と言えるのが、ブログなのです。
必ず結果が出るブログ運営テクニック100
プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

Facebook、Twitter、Google+……。
ソーシャルメディア今の時代だからこそ、ブログの価値が高まっている。
ソーシャルメディアを使いこなす、自分の「ホーム」となるブログの作り方。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コグレ/マサト
気になるモノとコトをひと回り拡張する『ネタフル(月間150万PV)』管理人。1972年生まれ。
アルファブロガー2004/2006、第5回WebクリエーションアウォードWeb人ユニット賞受賞
するぷ
「Apple」「水樹奈々」「食べ歩記」を3本柱にしたブログ「和洋風◎(月間100万PV)」管理人。
1984年生まれ。
2010年からプログラミングを始めて、「するぷろ for iPad」でiPhone & iPadアプリ大賞2010の尾田和美賞、「するぷろ for iPhone」でiPhone & iPadアプリ大賞2011のギズモード・ライフハッカー賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


「まだ自分を知らない人」に向けて書くことからすべてが始まる。

成長をめざすなら、改善を1つずつ行うことと、効果測定を詳細に行うことが重要です。
これは、ブログの運営、ブログを成長させることそのものを楽しむ感覚になります。
ぼくは和洋風◎を誰よりも読んでいると思いますし、暇さえあればブログを見て、どこか修正するところはないか、どこを変えてみようかと考えています。


ブロガーは自分で自分のメディア、まさに「俺メディア」を持ち、自分の興味にもとづいて記事を書きます。
旅行に行けばそれがネタになり、おいしいものを食べたらそれもネタになり、買い物をしたら、それもネタになります。

ブロガーは、自作の曲をライブハウスで演奏しているバンドのようなものだと思うことがあります。
みんなの反応を受け止め、声をかけ合うこともできます。
こんなにおもしろい体験のできる場は、なかなかありません。

とてつもなく自由です。


アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50
パソコンの電源すら入れられなかった私でもできた。
この鉄則を守れば、「収入0円」からでも儲けられる。


「アフィリエイト」とは、自分の作ったホームページやブログなどに「企業の広告リンク」を貼り、訪問者がそれを経由して商品を購入するなどの特定のアクションを行なうと、その企業から報酬がもらえるというシステムで、パソコンを使ったお金儲けとして人気があります。
また、アフィリエイトは自分の労力以外は、金銭的に損をするリスクがほとんどないというのが通常のネットビジネスと大きく違う点です。
本書は、パソコンの電源すら入れられなかった著者が、アフィリエイトの収入だけで、毎月50万円以上、トータル3000万円以上を稼ぎ出せるようになった「50の鉄則」を、詳しい図解をまじえてオールカラーで紹介しております。

ステップ1の「準備編」では、「儲けやすい広告を貼るために必要なページ作り」「収入を100倍にする売り上げ率のコントロール」など、儲けるために必要な「作成する前にやっておくべき17の鉄則」を。
ステップ2の「作成編」では、「リピーターがドンドン押し寄せるHPの作り方」「複数サイトを作り、効率的にザクザク稼ぐ方法」など、具体的に収入をアップさせる「作成段階で必要となる15の鉄則」を。
ステップ3の「アクセスアップ編」では、「Googleで1番トップに表示されたマル秘の手法」「SEOを制する方法」など、「もっとも大切なアクセスアップの18の鉄則」を、わかりやすく丁寧に紹介しております。
この「50の鉄則」を守ってアフィリエイトを行なえば、現在「アフィリエイトで収入0円」のあなたも、今より何倍も儲けられるようになるでしょう!



クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 藤岡屋

Theme: アフリエイト初心者

Genre: アフィリエイト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方

 【14//2012】

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方
これだけやれば成功する50の方法


先哲の教えを実現するのであれば、「素直さ」が欠かせません。


では、なぜ短期間でこれほどまでのアクセスアップをすることができたのでしょうか?
答えは簡単です。
「それらのセオリーを実践したから」これだけです。
既に道を作っている人がいるのならば、わざわざ別のルートで行く必要はありません。
その道をとりあえず辿ってみて、目的地が違ったりルートが自分に合わなければ、
その部分を調整していけば良いのです。
まずは素直に受け入れ、またそれを鵜呑みにすることなく咀嚼し、自分のものにする。
これが本書の重要なポイントの1つです。

「自分はブログを書く環境が整ってない」なんて思うより
「こんな状況だけど、どうやってブログを書こうかな」という建設的な思考の方が
「絶対楽しい」ということ。


ブログを更新していない人に理由を尋ねると、「ネタがない」なんて言われることが多々ありますが、ブログのネタなんて本当にどこにでも転がっています。

扱うネタは「自分」というフィルターを通して、少しでも読者の皆様に何かを感じてもらえるような記事にしよう!

いずれにせよ「目的」「手段」を見失っている状態にあっては、
価値あるものは生まれにくい状況と言えます。


ブログは、書く事自体が目的ではありません。
記事を創りだしていくことを通じて、その先にある「セルフブランディングの構築」や「人と人とに巻き込まれることで生まれるパワー」を実感しながら続けていくことが、
ブログを楽しむ一番の醍醐味です。




必ず結果が出るブログ運営テクニック100
プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

Facebook、Twitter、Google+……。
ソーシャルメディア今の時代だからこそ、ブログの価値が高まっている。
ソーシャルメディアを使いこなす、自分の「ホーム」となるブログの作り方。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コグレ/マサト
気になるモノとコトをひと回り拡張する『ネタフル(月間150万PV)』管理人。1972年生まれ。
アルファブロガー2004/2006、第5回WebクリエーションアウォードWeb人ユニット賞受賞
するぷ
「Apple」「水樹奈々」「食べ歩記」を3本柱にしたブログ「和洋風◎(月間100万PV)」管理人。
1984年生まれ。
2010年からプログラミングを始めて、「するぷろ for iPad」でiPhone & iPadアプリ大賞2010の尾田和美賞、「するぷろ for iPhone」でiPhone & iPadアプリ大賞2011のギズモード・ライフハッカー賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


「まだ自分を知らない人」に向けて書くことからすべてが始まる。

成長をめざすなら、改善を1つずつ行うことと、効果測定を詳細に行うことが重要です。
ブログの運営ブログを成長させることそのものを楽しむ感覚になります。
ぼくは和洋風◎を誰よりも読んでいると思いますし、暇さえあればブログを見て、
どこか修正するところはないか、どこを変えてみようかと考えています。


ブロガーは自分で自分のメディア、まさに「俺メディア」を持ち、
自分の興味にもとづいて記事を書きます。
旅行に行けばそれがネタになり、おいしいものを食べたらそれもネタになり、買い物をしたら、
それもネタになります。

ブロガーは、自作の曲をライブハウスで演奏しているバンドのようなものだと思うことがあります。
みんなの反応を受け止め、声をかけ合うこともできます。
こんなにおもしろい体験のできる場は、なかなかありません。

とてつもなく自由です。





クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
にほんブログ村 歴史ブログへ


Category: 藤岡屋

Theme: アフリエイト初心者

Genre: アフィリエイト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。