FC2ブログ
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

伊勢の神々- 皇大神宮

 【08//2014】

クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m

歴史 ブログランキングへ

皇大神宮

伊勢神宮 (楽学ブックス) Kankan (写真)
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック  中野 晴生(著)
はじめてのお伊勢まいりー神様の声を聴くサンクチュアリ・ガイドー

皇大神宮(こうたいじんぐう:内宮)
紀元前4年・神路山(かみじやま)・島路山(しまじやま)を源とする五十鈴川(いすずがわ)の川上に御鎮座(ちんざ)されたとされる我が国で最も貴い国家の最高神である
天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られている。

御正殿(ごしょうでん)
唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)という日本古来の建築様式を伝える御正殿であり、屋根は萱葺きで10本の鰹木(かつおぎ)がのせられ、先端が水平に切られた4本の千木(ちぎ)が高くそびえている。
唯一神明造は檜の素木(しらき)を用いて高床式倉庫(たかゆかしきそうこ)の形式から発展したものといわれている。

新御敷地(しんみしきち)
御正宮(ごしょうぐう)には東西に同じ広さの敷地があり、20年に一度の式年遷宮ごとに社殿が新しく造り替えられる。
平成25年には新しい社殿が建てられる。

荒祭宮(あらまつりのみや)
数ある内宮の別宮の中でも御正宮(ごしょうぐう)と同じ平成25年に遷宮が行われる最も格式の高い別宮であり、天照大御神の荒御魂(あらみたま)を祀っている。
地元では昔から信仰が厚いお宮。

宇治橋(うじばし)
聖界と俗界との架け橋といわれる宇治橋は、五十鈴川に架けられた全長101.8mの純日本風木造反り橋。
宇治橋の外側と内側に立つ鳥居は、外宮・内宮それぞれの旧御正殿の棟持柱(むなもちばしら)が使われている。

滝祭神(たきまつりのかみ)
五十鈴川を守護する水の神。
古くから社殿のない形でお祀りされ、皇大神宮の所管社であるが、別宮に準じて祭典が奉仕される特殊なお宮。

風日祈宮(かざひのみのみや)
風の神をまつる別宮。
鎌倉時代(かまくらじだい)の2度に亘る元冦(げんこう)の時、神風を起こして日本を守ったといわれる神。

Category: 寺子屋

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。