FC2ブログ
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

あの名将たちの狂気の謎

 【31//2012】

クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _*)m

歴史 ブログランキングへ

「みんなにオススメ動画ランキング」
これが「もののふぞ」
あらゆるゲームが作れるソフト Multi Media Fusion2



あの名将たちの狂気の謎
(中経の文庫) 濱田 浩一郎 (著)

あの名将たちの狂気の謎

戦国時代、親子、兄弟、親族は、御家存続の為の道具でしかなかった。
本書では、「子殺し」、「親殺し」、「兄弟殺し」、「親族殺し」と各章にわけて構成されている。

歴史を変えるような、大きな事業を成し遂げる者は、
これほどまでも非情な決断を下さざるを得ないのか......
この文庫を手に取ると、そんな気持ちをきっと味わうことと思います。

本書に登場する武将たちは、本来なら愛すべき家族を自らの手にかけた者ばかり。
一族を守るため権力を保持するため... 
その目的を達するために狂気ともいえる決断、行動にでた男たちの苦悩と悲哀がひしひしと伝わってくる!

御家の安泰のため、権力を死守するため。

織田信長の命により、妻と嫡男を犠牲にした徳川家康

叔父の陰謀のため、弟を殺さざるを得なかった伊達政宗

美濃の梟雄、斎藤道三の息の根をとめた斎藤義竜

戦国乱世を生きた武将たちの「骨肉の争い」「狂気の決断」を、
臨場感あふれる筆致で綴る。



第1章 過酷な政局を乗り切るため、わが子さえも犠牲に
徳川家康-信長に背くことはできんのだ。許せ、信康
武田信玄-父の二の舞にはならんぞ、なってなるものか

第2章 何事も御家大事父を切らざるを得ない悲劇
源義朝-我らは官軍、縦横無尽に戦おうぞ
斎藤義竜-さすが道三の子にて候 

第3章 権力という魔物が、兄弟を骨肉の争いへ導く
源頼朝-義経の弁解、聞く耳持たず
北条時宗-「正室の子」か「側室の子」か、それが大事

第4章 覇を競う者には、親族こそが獅子身中の虫
源義経-義仲も幼い頃に父を亡くしたそうな
織田信長-「天魔王」に相応しい裏切り・策謀の連続






CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢 トップページ
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
上総介書店
独断と偏見で選んだ戦国時代を楽しむ書籍を紹介。
戦国百貨店
「果たしてこれは・・」と思う珍商品から、
「おおこれは・・・・」と思う商品までを紹介。


最速スマホアプリ作成プログラム
月々105円から!
本当にほしかったのはこういうブログだったんだ
PC・スマートフォンからお小遣い
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

Category: 書物問屋

Theme: 歴史大好き!

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。